すごいぞジョブス先輩の先見の目 - ほぼ日刊 @猫式Station

もっともっと役立つノウハウをあなたに
宜しければこのボタン下矢印1で応援してください。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
にほんブログ村

ニュース・トピックス

すごいぞジョブス先輩の先見の目

おおよそ、MacとWindowsを比較すると、イライラ度合いはWindowsの方がMacの10倍にも達する事が個人調べで感じている。笑

先日、Macの動作が急激に遅くなった。

これは、やばいよ・やばいよ〜出川かってなもので、エンジニア根性を出して考察してみた。
最近、ブートキャンプでWindows8用のパーティーションを切ったのがシステムに影響するもっとも可能性のありこと。

Disk系のエラーに違いない。

そう思った私は、すかさず、ディスクユーティリティを起動する。

残念ながら、Windowsには、同種のアプリケーションは備わっていない、そこまで優秀なものはサードパーティの有料かつ高額なソフトウエアを購入しなくてはならないのだ。ここですでにイラッと。

Macの場合は標準でものすごい機能のディスクユーティリティがさりげないダイアログアプリとして備わっている。ここまでいらんだろうとかつては思っていたんだけれど、いるわ〜。必要!

まず、Diskの診断ができる。
それから、問題がでたら、その修復もできる。

問題のある状態のDiskで起動した状態では修復できない場合には、
このようにしなさいというメッセージをだす。

そしてその通りにすると確実に修復できる。しかも、インストールしたもの、作ったファイルには影響が
ほぼ無しにできる。
つまり、Windowsで言うところのセーフモードでのユーティリティも完備していたのでした。すげー

そこまでジョブスは予想していたなんて。すげー♬

このユーティリティは、OSのDiskイメージのバックアップも取れれば、リストアもできる。
つまり、それが必要な自体も想定済みってことだに〜。
もうここまでくると、Windowsでなくて良かった〜と思えてくるから。マジで。

ちなみに今回のエラーは、Windowsのパーティションを作った事による。パーティションテーブルにビット単位で少しだけ修復が必要だったそうな。
実は、Windowsの場合はこうした事は頻繁に起きているが、クラッシュするほどでなければ無視しているんだよね〜。笑。




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。